囚われない人生を送る2つのエレメント

ドーバーストリートマーケットロンドン

どうも仁藤です。

 

2年前に
腰痛で動けなくなり
救急車で運ばれた事が
あるのですが、

 

つい4日ほど前に
その腰痛が再発
しました。苦笑

(ここ数日死んでました。笑)

 

なので急遽、
トレーナーの方を呼んで
施術してもらいました。

 

実はその方、

・某超有名サッカー選手
・某オリンピック候補選手

などの

 

プロのアスリートにも
アドバイスしている
凄腕トレーナー。

 

3時間みっちり
施術してもらったのですが、
だいぶ痛みが和らぎました。

 

これから
集客×副業セミナーで
全国を回るのに
どうなる事かと思いましたよ。笑

 

もう大丈夫です!
セミナーに参加される方は
安心してくださいね!笑

 

そこで本題なんですが・・・

 

今回このトレーナーに
施術してもらい
改めて感じたことがあります。

 

それは、

 

“人生を自在に生きたい”なら、

『人との繋がり』と
『ある程度のお金』が必須

だということ。

 

逆に、この2つがないと

「なにかに囚われて生きていく」

ことになります。

 

つまり

・なにかを我慢し
・なにかを諦める
・くすぶった人生になる

ということです。

 

それはどういう事か?

 

例えば、

 

世の中には

「間違った情報」

が飛び交っていますよね?

 

僕は学生時代から
腰痛に悩まされ、
色々な施術を
受けてきました。

 

が、まったく完治せず
筋トレなどをして
騙し騙し生きてきました。

(で、2年前に爆発しました)

 

今回のトレーナーの施術は
本質的・根本的改善を
促すもので、

 

今まで受けた施術の中で
イチバン効果的でした。

 

自宅でのリハビリ療法も
今までとは全く違う手法を
事細かく教えてくれました。

 

何が言いたいか?というと、

“間違った情報”に
囚われて生きていくと
ロクなもんじゃない

ということです。

 

僕は20年近く
ムダなことをしてきたし
運動などの我慢も
してきました。

 

もちろん
このトレーナーの情報が
全てではないでしょう。

 

けど、少なからず僕には
今までのどの施術よりも
効果がハッキリ出ています。

 

このトレーナー曰く、

「それじゃあ悪化するよ」
「それじゃあ治らないよ」

という

 

ビミョーな施術や
アドバイスをする方が、
たくさんいるそうです。

(プロなのに・・・)

 

ですから、

この凄腕トレーナーのような
人との繋がりが必須

なんです。

 

とはいえ、
このトレーナーに依頼すると、
“かなり高額”です。笑

 

普通の治療院や整体院では
考えられない金額です。

 

ですが、この人の実績や
僕へのアドバイスや
考えうる施術方法を聞いて

 

「この人にやってもらいたい」
と決心し、依頼しました。

 

結果、大満足です。

 

継続的にお願いしよう
と思っています。

 

さらには、

「足が悪い母親も
施術してもらおう」

「偏頭痛がひどいスタッフも
診てもらおう」

と思っている程です。

 

けどね・・・

 

これも

『お金が無ければ
依頼できない』

んです。

 

そうですよね?

 

自分の事もそうですが、

・家族
・友人
・スタッフ

など

 

大事な人のために
与えるべきものを
お金を理由に諦めたくない

と、あなたは思いませんか?

 

僕は心底、
そう思ってしまうんです。

 

そもそも僕の原動力は
そこにあります。

 

間違った情報やお金に囚われず
最低限、自分の周りを守ったり
勝たせられるようになりたい

 

そう思っています。

 

あなたはどうでしょうか?

 

ですから

人との繋がりと同様
ある程度のお金も必須

なんです。

 

これは
カラダの話だけではありません。

 

例えば、

 

良い大学を出て、良い会社に就職して
良い給料もらって、退職金もらって
年金もらって、老後を過ごす。

 

みたいなことが、
小さな頃から”常識”として
伝えられてきています。

 

今の時代を見ていると、

そんなに上手くいくのか?
他に良い生き方はないのか?

と思ってならない。

 

そう思いませんか?

 

もちろん
どれが正しい情報で、
どれが間違った情報なのか、
本当のところは分かりません。

 

けれど、

常識と言われる情報に
囚われてはいけない

と思うんです。

 

“お金”もそうです。

 

お金のせいで本当に大事な人を

・勝たせられない
・守れない

のはイヤじゃないですか?

 

僕はイヤなんです。

 

5,6年前、大赤字店のとき。

 

大事なスタッフに

・給料も最低限しか与えられず
・夢を見させてあげる事ができず

で、辞めてしまいました。

 

守れませんでした。

 

本当にショックでした。

 

だからこそ、

お金を理由に
諦める人生にしたくない

と、心から誓いました。

 

今の時代、

もっと繁盛させられるし
いろんな稼ぎ方もある

んです。

 

ぜひ、あなたにも
間違った情報(常識)やお金に
囚われないようになって頂きたい。

 

そのためには

『人との繋がり』と
『ある程度のお金』を
手に入れる

ことです。

 

では、
どうすればいいのか?

 

簡単なことです。

 

とにかく

『新しい人との出会いを求める』

ことです。

 

なぜか?というと

 

新しい人からしか
新しい情報や新しいノウハウは
手に入らないから。

 

そうですよね?

 

逆に、
間違った情報(常識)や
お金に囚われてる人。

 

つまり
現状くすぶっている人
というのは、

 

普段
同じメンバーとしか会わない
のではないでしょうか?

 

僕がこの
凄腕トレーナーに出会ったのは
ある異業種コミュニティです。

 

僕が副業で稼げたのも、
お店が繁盛したのも、
ある異業種コミュニティに入り

 

ノウハウを教えてくれた先生や
一緒に頑張れた仲間に
出会えたからです。

 

もちろん新しい人との出会いは
そういったコミュニティだけでは
ありません。

 

なにかのイベントや
パーティーや交流会などに
出向くのもいいでしょう。

 

ただ
異業種コミュニティ
というのは、

 

なにかの目的に向かって
集まっている集団ですから

 

当然、
意識が高い人が集まります。

 

また、
業種別の実力者が集まります。

 

ということは、

・あなたが知らない
・真の情報や真のノウハウを
・教えてくれる可能性が高い

ということです。

 

そうですよね?

 

ぜひ
いろいろな異業種コミュニティに入り
たくさん新しい人と出会ってください。

 

そして

『人との繋がり』と
『ある程度のお金』

を手に入れ

 

大事な人を守ったり
勝たせられる人に
なってくださいね!

 

僕も異業種コミュニティを
運営していますので、

 

なにか聞きたい事があれば

LINE@

で気軽に質問してください。

( @yohenito とID検索してもオーケーです)

 

でわ。

 

仁藤

相談

yohe-blog-footer10

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。