独立開業が上手くいく人、上手くいかない人のたった一つの違いとは?

exclusive-shop

どうも仁藤です。

 

最近、代官山に
ルドローブラントという
NYブルックリン初のBARBER
がオープンしましたね〜

 

レセプションパーティーに
誘って頂いたんですが、
仕事で行けませんでした。泣

 

(そもそもパーティーとか
苦手なんでイイんですが。苦笑)

 

いや〜ほんと

アメリカンスタイルの
BARBERが急増

していますね〜

 

ここで僕が思うことは
ただ一つ。

 

15年ほど前に
カリスマブームで急増し

 

現在、経営が厳しくなっている
美容室業界の二の舞にだけは
ならないで欲しい

 

とうことです。

 

要は、

似たようなお店が増えすぎて
出店したはいいが、スグ潰れる

なんて事にならないで欲しいのです。

 

そこで
今日の本題なんですが・・・

 

BARBER業界も
美容室業界も

 

もっと言えば

すべての店舗業界が
厳しくなっている今の時代

に、

 

『これから独立開業をする人は
どういう準備をしておくべきか?』

 

という音声を録りました。

 

今日の新podcast

【独立開業が
上手くいく人、上手くいかない人の
たった一つの違いとは?】

で配信しています。

 

もちろん

既にお店を経営されてる方も
お店をどう改革すればいいのか?

のヒントにもなると思います。

 

ぜひ、こちらから聴いてくださいね。
https://goo.gl/5rCHQe

 

iPhoneユーザーじゃない方は
こちらから聴いてください。

 

僕のところには

「これから独立開業する上で
準備しておくべき事はなにか?」

という相談がよく来るんです。

 

つい先日
LINE@でも
こんな相談を頂きました。

 

「これから
独立を考えている美容師です。

 

一年以内に
独立を考えています。

 

これから独立する人に
アドバイスをもらえたら
嬉しいです。」

 

とのこと。

 

僕の回答は

「exclusiveな存在になろう」

という事です。

 

“exclusiveな存在”とは

他者を寄せ付けない
唯一無二の存在

ということです。

 

今、抱えているお客様にとっての

“あなた自身”

もそうですし、

 

これから出店した後での

“あなたのお店自体”

もそうです。

 

わかりますかね?

 

逆に

「exclusiveな存在にならない」

でいると、

 

独立開業したあと

・抱えていたお客様が来てくれない
・ライバル店に負ける

という事態になり兼ねません。

 

また、既に出店されている方も

・今後も急増するライバル店に負ける

可能性だって大いに考えられます。

 

僕は

今勝てる店作りじゃなく
“一生勝ち続けられる店作り”

を心掛けています。

 

長く広い視野で
物事を考えなければいけない
わけです。

 

わかりますよね?

 

そのためにも

「exclusiveな存在になる」

必要があるわけです。

 

例えば、

 

服のセレクトショップでも
exclusiveなアイテム
ってありますよね?

 

要は

仕入先と独占契約を結んだ
このセレクトショップでしか
売っていない限定アイテム

のことです。

 

そういったアイテムって
どこでも手に入るアイテムより
欲しくなりませんか?

 

なりますよね?
(僕だけかな?笑)

 

そういった
exclusiveなアイテム自体
もそうですし

 

そういったアイテムばかり
取り扱っている
exclusiveなセレクトショップも

 

やはり

ライバル店に勝ち続けられる

わけです。

 

イメージ湧きますよね?

 

ぜひ

あなたも、あなたの店も
お客様にとって
そんな存在になって貰いたい

んです。

 

では、どうすれば
そんなexclusive存在になれるのか?

 

実は

そんなに難しい事じゃない

んですよ。

 

そもそも

そういった考えを持ってる人自体
少ないし
やり方を間違っている人も多い

んです。

 

その辺りついて今日のpodcast

 

【独立開業が
上手くいく人、上手くいかない人の
たった一つの違いとは?】

 

で解説しています。

 

ぜひこちらから聴いてくださいね!

 

iPhoneユーザーじゃない方は
こちらから聴いてください。

 

もちろん
exclusiveな存在に
なるよう

 

お店をやりながら
調整することも必要
です。

 

とはいえ

・スタートが肝心
・礎(いしずえ)が重要

になるんですね。

 

そこを失敗すると

調整も効かず
ズルズル売上が下降し
最悪、潰れる

という事態を招きかねません。

 

これから独立開業する人も
すでにお店を経営されてる人も

 

“exclusiveな存在になる方法”を
いち早く抑えておいてくださいね。

 

iphoneの方はこちらから。

 

iPhoneユーザーじゃない方は
こちらから聴いてください。

 

でわ。

 

仁藤

相談

yohe-blog-footer10

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。