「その場しのぎ」は辞めよう!「永続的集客」を手に入れること

chill雰囲気2

どうも仁藤です。

 

すっかり東京は
晴れましたが

 

台風の影響は
ありませんでしたか?

 

東北地方は
これからなのかな?

 

気をつけてくださいね。

 

こういう天気の時は
お客様も減り
店にも影響がでますよねぇ・・・

 

うちの店も多少
売上が落ちましたが
まぁほぼ変わらずかな。

 

ただ土日の天気が悪いと
売上が落ちると嘆く方も
多いはず。

 

そこで今日の本題です。

 

天気だけじゃなく

・閑散期
・常連客の転勤
・ライバル店の出現

だったりで

 

お客様が減ってしまうと
一喜一憂してしまうのも

 

「その場しのぎ」の対策
しかして来なかったから

 

だと思うんですね。

 

出店したけどお客様が少ない
→チラシを撒こう

 

お客様が帰ってこない
→DMを出そう

 

売上が低迷している
→改装しよう

 

と、言った感じで。

 

あなたは大丈夫でしょうか?

 

お店を経営する上で。
そして永く繁盛させる上で。

 

最も重要なことは、

「永続的集客」の構築

なんですね。

 

どういう事か?

 

例えば、物件選び。

 

人通りも店も皆無で
その近辺の賑わいが無く
平日も土日も閑散としたエリア

 

だとしたら

「永続的集客は、望めない」

わけです。

 

田舎町だとしても
転勤族が引っ越してくるエリアや
ショッピングエリアなどが
あるはずで。

 

そういったエリアなら
都心ほどの人はいないにしても
逆に都心ほどの競合もない
わけですから。

 

だから田舎町だろうが

永続的集客できる物件を
見つけることは可能

なんですね。

 

けど、よくある失敗は
住居の1階を店舗にする
パターン。

 

住居の1階にした場合
基本的に住宅地になるわけで。

 

店がなく閑散とし
店舗としての立地は
良くないことが多い。

 

ということは

永続的集客できる物件
とは言えない

んです。

 

そうですよね?

 

また、

 

なんとなく
ホームページを作ったり

 

なんとなく
ホットペッパーに載せたり

 

することも

「永続的集客とは言えない」

んですね。

 

例えば、ホームページなら

・検索回数の多いキーワードを抽出し
・そのキーワードのSEO対策をし
・ユーザーに伝わりやすい構成にし
・そこから予約や来店してくれる作り

にしなければいけません。

 

あなたは、そこまで考えてますか?

 

またホットペッパーなら

・近隣エリアの掲載店舗数は多くないか
・掲載料金は高くないか
・他に費用対効果の高いサイトはないか

など調べなければいけません。

 

あなたは、そこまで調べてますか?

 

そういった

物件選びから集客導線など
一つ一つ

「永続的集客」できるよう
構築していく必要がある

んですね。

 

そうやって

「永続的集客」の構築
が、できていないと
「永続的繁盛」もできない

わけなんです。

 

分かりますよね?

 

ということで

 

先日から配信している

【読者限定・特別音声】
(音声はこちら)

でも、

 

その辺りについて
詳しく解説しています。

 

またその音声の中でも
話していますが

 

来月セミナーをやります。

 

セミナーの内容は

『新規出店(ゼロの状態)から
最短・最速で繁盛店になるための
戦略について』

になりますが

 

「それぞれの店に合った戦略」

 

をお伝えします。

 

つまり

一人一人、それぞれのお店を
僕がプロデュースする

ということですね。

 

なので、必然

「少人数制」

になります。

 

そのセミナーですが

【明日、参加者募集スタート】

します。

 

興味がある方は
早めに申し込んでくださいね!

 

(ほんと少人数制にするので
スグ打ち切りになると思います)

 

これから

・独立開業を考えてる方
・店舗展開を考えてる方
・仁藤に店舗の相談をしたい方
・繁盛したい方

は、ぜひ参加してください。

 

そのセミナーに関しては

【読者限定・特別音声】

でも、解説してるので、

 

「永続的集客」「永続的経営」
がしたい方は、下記リンクから
音声を聴いてみてくださいね!

 

【特別音声】永続的繁盛店になるための戦略:

 

でわ。

 

仁藤

相談

yohe-blog-footer10

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。