極論、周りと「○○」行動をすれば上手くいく。

VIBE-2PAC

どうも仁藤です。

 

昨日から、待ちに待った

故・2pacの映画が全米公開

されました。

 

しかも、

今冬に日本でも公開される

という発表も!!

 

もう、100%観ます。
いや、1000%観ます。笑

 

僕がHIPHOPを好きになった
キッカケが2pac。

 

ラッパーとしても大活躍したし
映画俳優としても脚光を浴びた
唯一無二の存在。

 

そこで思ったのは、
2pacのように
世の中で上手く行ってる人って、

 

極論

「周りと違う行動をしてるだけ」

だと思うんです。

 

逆を言えば、

 

世の中で上手く行ってない人というのは、

「周りと同じ行動をしてるだけ」
(周りに流されてるだけ)

とも言えます。

 

あなたも周りの人を
思い浮かべてみてくださいね?

 

2pacは、
ギャングスタな攻撃的な曲も作れば、
愛に満ちたメロウな曲も作り、

 

レコーディングも
1日で何曲も作ってしまう。

 

しかもラッパーだけでなく
映画俳優としても活動し
ファッションアイコンとしても注目を浴びた。

 

ラッパーの新しい形を見出した存在
だと思います。

 

これだって極論

「周り(他のラッパー)と違う行動をしてきただけ」

だと思うんです。

 

有名どころで言えば、

サッカーの本田圭祐選手とか
野球のイチロー選手とか
ソフトバンクの孫さんとかも

そうじゃないですかね?

 

確かに、こういった人は
そもそも変わってたり
もともと才能があったり
“本能的に”行動しているかもしれません。

 

ですが僕らでも

『”意識的に”周りと違う行動をする』

ことはできると思うんです。

 

僕も店が上手く行ってない時期
がありました。

 

ですが、そういう時ほど

・facebookだけの繋がりの人に会ったり
・怪しいセミナーに行ったり
・高額なコミュニティに入ったり

しました。

 

もっと言えば

・バカ高いマンションに住んだり
・同業者や昔の仲間とつるまないようにしたり

もしました。

 

そんな風に

『”意識的に”周りと違う行動をする』

ことで、

 

周りに上手く行ってる人が増えました。
インプットできる情報も変わりました。
意識が高くなりました。

 

そして、
すべてが上手く転ぶようになりました。

 

わかりますかね?

 

そこでのコツは、

「周りの”上手く行ってない人”と
違う行動をする」

ことです。

 

人間はどうしても油断をすると
周りに流されます。

 

飲みに行ったり。
遊びに行ったり。
テレビを観たり。

 

現状のままでいいのであれば
それでいいのですが、

 

あなたはそうじゃないですよね?

 

であれば、

「周りの”上手く行ってない人”と
違う行動をする」

ようにしてください。

 

それだけでいいんです。

 

例えば、僕のように

・知らない人に会ったり
・セミナーに行ったり
・同業とつるまなかったり

でもオーケーですし、

 

ファッションとか音楽とかでも
違う行動をすることはできます。

 

周りがユニクロを着てるなら
バレンシアガを着るとか。
(デムナがデザイナーになって話題)

 

周りがエグザイルを聴くなら
ルイスフォンシを聴くとか。
(レゲトンで有名な歌手)

 

そうした事を続け、

「周りとは違う行動をするクセ」

をつけてください。

 

そしたら店作りも

「他店とは違う店を作れる」

ようになるんです。

 

それはなぜか?

 

結局、

店作りも考え方は一緒

だからです。

 

「競合店と、どう違いを作るか」

 

極論、それだけなんです。

 

その思考に変換するにも、
意識的に周りと違う行動をし
カラダに覚えさせるしかない。

 

繰り返しになりますが、
人間はどうしても油断をすると
周りに流されるから。

 

似たり寄ったりの店が増えてしまうのも
そこに原因があると思っています。

 

ぜひ、心当たりある人は、
小さな事からでいいので、
意識的に周りと違う行動をして行きましょう。

 

でわ。

 

仁藤

 

P.S.
昨日公開した

集客×○○を学べちゃう
「秘密の新企画について」

の動画は見て頂けましたか?

 

今までに無かった新企画になってますので、
ぜひ下記リンクから見ておいてくだいね!
(僕の風貌がかなり怪しいと評判です・・・笑)

 

特別対談「秘密の新企画について」

相談

yohe-blog-footer10

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。