繁盛させたければ「確信」より「興味」で動くこと

2-34

どうも仁藤です。

 

今トルコのアタチュルク空港で
ブログを書いています。

 

なぜトルコにいるのか?は
チラっとお伝えしましたが

 

9割の日本人男性の悩みである

「“○○”の最先端治療を
日本に広げて欲しい」

と依頼を受けたからです。

 

僕自身は悩みってほど
悩んでないんですが、笑

 

単純に

「面白いなぁ」

と思ったんですよね。

 

日本ではまだ浸透されてなく
不安視もされていますが

「安心・安全なものなら
あの人やあの人に教えたいなぁ」

と素直に思ったからです。

 

実際に体験してみて
日本人に思われている
不安も解消できましたし

 

日本でケアを続けたら

・即効性がありながら
・半永久的に効果も持続する

という印象を受けました。

 

興味がある方がいれば

「仁藤と行く
トルコ○○治療体験ツアー」

でも開催しようと思います。笑

 

その前に
まず「○○」を教えろよ!
という声が聞こえそうですが

 

興味がある方にだけ
教えます。笑

 

(たぶん勘付いてる方も
多いと思いますが)

 

LINE@から気軽に
連絡くださいね!

 

体験料・宿泊費・航空券代を入れても
相当安く行けますので。ぜひ。

 

(トルコは親日だし
治安も全然悪くないです。
めっちゃ楽しいですよ〜)

 

そこで今日の本題です。

 

なにかを始めるときって

「確信を持てないとやらない」

という人が多いですよね。

 

例えば、
店の広告なんかもそうで

 

ホームページやブログや
集客サイトやPPCやらを

 

始めよう、依頼しようと思っても

「確信が持てないからやらない」

という人が多い。

 

まぁ当然
お金や労力もかかるわけで
不安な状態で始められない
とは思います。

 

ただ、

「だから上手く行かない」
「だから繁盛しない」

という側面もあるわけです。

 

なぜなら、

初めてやることに
確信なんて持てるわけない

からです。

 

そうですよね?

 

あなたがその道のプロで
経験や知識が豊富なら
確信の上での判断をできるでしょうが

 

そもそも
初めてのコトなわけですから。

 

では、どうすればいいのか?

 

私は上手くいく時というのは

・運だったり
・タイミングだったり
・出会いだったり

という

 

「偶然が重なり合い、発生する」

 

と思うんです。

 

私自身、経営が上手くいかず
大赤字のどん底状態のころ

 

興味が出たものには

「片っ端から試した」

んですね。

 

もちろん
確信なんかないわけですよ。

 

経営やマーケティングのことなんか
なにも分からなかったわけですから。

 

でも、
興味が出たものには
片っ端から試した。

 

それこそ
自腹切ってでも。

 

その結果

めちゃくちゃ失敗もしたけど
最終的には上手くいった

んですね。

 

だから繁盛したんです。

 

失敗しながらも学び、
今があるわけです。

 

これを

「確信を持ててから試そう」

なんて言ってたら

 

運もタイミングも出会いも逃し
繁盛しなかったでしょう。

 

分かりますよね?

 

興味を持ったことには

「片っ端から試す」

こと。

 

そして
運やタイミングや出会いなどが
バシッっとハマったとき

 

「成功を偶発させる」

 

ことができるでしょう。

 

私の今までの経験上、
ほんと思いもしない所から
上手くいき始めることなんて
たくさんありましたからね。

 

あなたが”天才”なら
狙って成功もできるかも
しれませんが・・・

 

これを読んでる時点で
天才じゃないはずですから。笑

 

ぜひ、興味を持ったことには

「片っ端から試す」

ようにしてみてくださいね!

 

私が好きな伝説のラッパー
2pacだって

 

「売れるかどうかなんて
確信なんかない。

自分が良いと思った曲を
ガンガン制作する。」

 

みたいなコトを
言ってました。

 

実際、2pacが他者を圧倒したのは
レコーディングの量の多さだった
というのは有名な話です。

 

(ほとんど寝ずに
レコーディングしてたとか)

 

ぜひ、あなたも
2pacまでとは言わずとも
量で圧倒するようにしましょう。

 

興味が出たものは

「片っ端から試す」

くらいのつもりで行動しましょう。

 

もちろん資金の問題や
不安もあるでしょうから

 

なにか試す上で迷ったときは
気軽にLINE@からご相談ください。

 

私はあなたの

「成功を偶発させる存在
になれたら」

と思っていますので。

 

LINE@登録してない方はコチラ
(LINE@登録で最新刊「店舗系マーケター」プレゼント中)

 

ではまたメールします。

 

仁藤

 

P.S.
トルコの「○○治療」を
依頼してくれた人は

 

CHILLシャンプーの
クラウドファンディングから
私を知ってくれ

 

そのあと私のブログを見て
依頼を決めてくれたんだとか。

 

そうやって
片っ端から試してるからこそ
思いもしないコトをも偶発させる
んですよね。

 

クラウドファンディングもブログも
確信なんてなかったけど
やってて良かったなぁ。。。
yohe-present-banner

相談

yohe-blog-footer10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。