モテるには「中身」より「顔」が大事

gucci銀座

どうも仁藤です。

 

まったく求人広告を
出してないのですが

 

最近も
面接の問い合わせ
が止まりません。

 

ほんっっとに有難いんですが
今現在は人手が足りていて・・・

 

店舗展開を考えれば
スタッフは何人でも
必要なんですけどね・・・

 

悩ましいところです・・・

 

そこで今日の本題です。

 

僕のコミュニティに
在籍している受講生に
悩みを聞いてみると

 

「集客よりも、求人に困ってる」

 

と答える人が
意外と多くてビックリ
しています。

 

でも確かに
僕のいる理美容業界は

 

店の数に対して
専門学生の数が
めちゃくちゃ少ない・・・

 

(理容科なんて一学年に
10人しか生徒がいない
学校も・・・)

 

あなたも求人に困っていますか?

 

正直、

費用対効果が高い
求人広告の「やり方」

は知っているのですが、

 

その

「やり方」云々の前に
実は最も重要なこと
があります。

 

それは、

「顔(かお)」

です。

 

求人にしろ、集客にしろ、
就職先を探してる人や
見込み客から

 

あなたの店を選んでもらう
必要があるわけですよね?

 

要は

「モテる」必要がある

わけです。

 

じゃあモテるには
どうすればいいか?

 

そのためには

「顔(かお)」を変える

必要があるんです。

 

人であれば
整形するしかありませんが、笑

 

店であれば
内外装の改装だけでなく

 

ホームページやSNSなどの
ウリや、店の写真を変える
ことはできます。

 

ウリを、ただの美容室から
「”ラグカジ”スタイル美容室」
に変える。

 

(最近のGUCCIがオシャレで
その「ラグジュアリー×カジュアル」
をパクりました。笑)

 

そして、そのウリにあった
ヘアスタイル写真に変える。

 

改装が、資金的に厳しいなら
インテリアやDIYで
できるだけ変える。

 

うちの店の場合も、

 

HIPHOPやスケボーなどの
ストリートスタイルを
ウリとしてるので

 

「CHILLCHAIRって床屋、
HIPHOP好きの
お前に合うんじゃない?」

 

とかって友達から紹介された
というコもいたり、

 

「たまたま店の前を通って
カッコイイなーと思って
ホームページを見て電話した」

 

というコが本当に多い。

 

ですから、とにかく

「顔(かお)」を変える

ようにしましょう。

 

できる限り

「他店と違う」

ようにすることです。

 

分かりますかね?

 

店舗の求人情報を見ると

「スタッフ同士、仲が良く
楽しい職場ですよ!」

「カリキュラムがしっかりしていて
成長できる職場ですよ!」

とかって

 

「中身」で勝負

 

しようとしてる店が多い。

 

それだと

どこの店も同じような事を
言っているので
判断基準にならない

んです。

 

そう思いませんか?

 

それに「中身」は
その店に入ってみないと
分からないじゃないですか?

 

(恋愛も「中身」は
付き合ってみないと
分からないように。笑)

 

だから、

「顔」で勝負

するんです。

 

“他の店と違う”

・ウリ
・内外装
・スタイル写真

などにすることです。

 

スタイル写真に関しては、

飲食店であれば
ウリに基づいた料理写真。

整体院だったら
ウリに基づいた施術写真

とかです。

(「IT系腰痛専門店」なら
患者のbefore→after写真とか)

 

ここまで来て
分かっちゃった人も
いるかと思いますが、

 

考え方は、集客と全く同じ

 

なんですね。

 

他店と違うウリを作り
内外装、ホームページ、SNS
などの見た目に拘る。

 

極端に言えば、

「中身」は、二の次

です。

(もちろん「中身」も大事です)

 

ぜひ、アナタも
やってみてくださいね。

 

また、先にお伝えした

費用対効果が高い
求人広告の「やり方」

なんですが、

 

知りたい人って、いますかね?

 

実は僕のコミュニティの受講者が
編み出した手法なんですが、

 

その方は

「“広告費たったの300円”で
3人面接希望者が来た」

と仰ってました。

 

今って求人広告で

1名人材確保するのに20万円

とかかかりますからね。

 

桁違いに安いですよね?笑

 

さらに、このノウハウに
“あるノウハウをプラス”
すれば

 

理美容業界だろうが
飲食業界だろうが
整体業界だろうが

 

「すべての店舗業界の求人
に非常に使えるノウハウ」

 

だと思います。

 

どれくらいの方が興味があるか
も分からないので、

 

LINE@限定で
求人ノウハウをお伝えする予定

 

です。

 

興味がある方は、
LINE@に登録
しておいて下さいね。

 

LINE@登録は、こちらから
(もしくは @yohenitoID検索してください)

 

「早く知りたい!」って方は
LINE@から気軽にメッセージ
ください。

 

でわ。

 

仁藤

相談

yohe-blog-footer10

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。