【○○コンサルタントに要注意!】どこで学ぶのか?誰から学ぶのか?

店舗系マーケター養成プロジェクト

どうも昨日は2日酔いで死んでた仁藤です。笑

というのも久々にクラブ行ったら呑まされまくったからです。
テキーラとかスピリタスとか高アルコール飲料を。笑

でももう元気!笑
それに大好きなHIPHOPが聴けて楽しかった!

ってことで、張り切って告知します!笑

明日で『店舗系マーケター養成プロジェクト』の参加募集が完全終了します!!

まだ登録してない!なんていう方は、
とりあえず無料なんでこちらのページを必ず見てくださいね。
(次やることあっても有料でやるんでこの機会を逃さないように)

このプロジェクトの中で詳しく解説してますが、

「”学び方”を間違ってる」

人が本当に多い。

前に、

「同業界から学んでもスグに飽和したり、
そもそも使えないノウハウだったりで、
“ロクなこと無い”ですよ」

という話をしましたが、

同業界じゃないトコで言えば、

「”店舗経営をした事がないコンサルタント”に聞いてもムダでしょ?」

ってこと。

だって普通に考えて、

・店舗経営の厳しさや苦しみや痛み
・店舗経営の難しさ

などの

「私たちの気持ちや事情を知らないから」

です。

そうですよね?

例えば、超大手コンサル会社でいえば、

「飲食店じゃ○○が流行ってるから○○にした方がイイ」

とか

超有名SEOコンサル会社でいえば、

「ホームページをgoogle(検索エンジン)で上位表示させれば集客できるから、
SEO対策を任せて欲しい」

とか

超エセコンサルタントでいえば、

「instagramで○○ってタグをつけると、
集客できるからやった方がイイ」

とか

ほんとしょーもない事言ってくれてます。笑

こんなんで

「優良顧客を集客できるワケが無い」

んですよね。

分かりますかね?

コレを聞いて、

「私もこんな事言われたことある・・・」
「鵜呑みにしてやってしまってた・・・」
「なんでダメなのかわからない・・・」

と思ってしまったアナタ。

非常に危険な状態ですので、コチラのページをよく読むように。

自分のお店を、誰かのお店を、どんなお店でも繁盛させる事ができるように、

・どういう所から学んではいけないのか?
・どういう人から学ぶべきなのか?
・そして、それはなぜなのか?

そういった正しい「学び方」について詳しく解説していますので、

今回のチャンスをお見逃さずに。
(明日で公開を完全に終了させます。無料ですので早めに登録を。)

でわ。

仁藤。

===========
<8月19日までの限定公開!>
自分の店と誰かの店を繁盛させ
一生「お金」と「やりがい」で悩まない新職業
「店舗系マーケター」になる方法を初公開!

【店舗系マーケター養成プロジェクトの詳細はこちら
===========

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。