【本日締切!】アナタの「武器」の気付き方

CHILLCHAIR-STYLE

まず告知。
動画集客の”超プロ”岡崎さんとの「新時代!Youtube集客入門講座」が本日で公開終了ですよ〜!
単純に面白いんで早く登録してね。笑
http://yohenito.com/youtube

では本題。

人は「変化を恐れる生き物」です。

クライアントさんでも、

・そんなにターゲットを絞ってお客様を取りこぼさないか?
・その武器だけ押し出したらソレしかできない店だと思われないか?
・そんな発信をしたら嫌な書き込みや陰口を叩かれないか?

など心配する人がたくさんいます。

アナタもそんな心配をしていませんか??

でも、それこそ「取り越し苦労」ってヤツで、
まずは「ヤッてみないことには、どうなるかも分からない」んです。

ヤッてみて、どういう反応があり、どういう結果が出たか?
ソレを見て、調整をしながら良い結果を出す。
ただソレだけなんですよ。

恋愛だって、意中の人の反応を恐れ、食事に誘わなかったり、相手に気持ちを伝えずに、
その人とパートナーになることは絶対にできませんよね?

コミュニケーションを積極的に取って、自分の気持ちや、相手の反応を見て、
自分や相手の事を理解して行き、どうアプローチするか?
などを調整していくわけですよね?

ソレと同じことです。
最近、恋愛の例え話ばかりでキモいですが笑

ビジネスでも、変化を恐れてナニもヤらなければ、現状より売り上げが上がることは、絶対に、絶対に、ありません。

ということはですよ?

「変化しないことを恐れるべき」なんです。

もし、嫌な書き込みをされたら
「それだけ自分の事を知らない人にまで拡散できている」という証拠です。
喜んでください。有名税です。

そしてそういった嫌なコメントする暇人バカは放っとけばいい。笑
共感したらシェアを。

P.S.
先日、あるネイルサロン経営者様にYouTubeを勧めたら、

「動画を作るの、スタッフも楽しかったみたいで^ ^ 撮る前恥ずかしがってましたが、やってみたらノリノリでした(笑)」

って感想を頂きました。意外とそんなもんなんですよ?笑

ぜひ動画に対し、

・ど初心者の自分にもできるか?
・嫌な書き込みされないか?
・同業から陰口叩かれないか?
・顔出ししなきゃいけないのか?

などと恐れず、まずヤッてみてくださいね。

【2016年実店舗系YouTube元年】ってことで、今、集客にYouTubeを活用しなきゃ本当に勿体無いオバケなので。笑
本日公開終了なんで、こちらから登録してねん。

【全4回・無料】新時代!Youtube集客入門講座
http://yohenito.com/youtube
(ど初心者でも、顔出ししなくても集客できる動画の作り方も伝えていますので、ぜひ。)

では。

仁藤洋平

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。