地域No.1店になるには?ブランディングより「○○○」

4100f976-f023-4b5d-804d-c020c973d276

どうも仁藤です。

 

昨日は
『大人のBBQ』
を開催しました!

 

東京、埼玉、神奈川
はもちろん
宮崎、山梨、群馬など
遠方から

 

美容室、床屋
エステサロン、ネイルサロン
ダンススタジオ、飲食店
などなどの

 

経営者や従業員の方が
参加してくれました。

 

また、僕の経営者仲間も
数多く参加してくれて

 

めちゃくちゃ
楽しく交流できました!

 

いやー
スゴく息抜きできました。
たまにはイイものですね。

 

はじめましての人も多くて
嬉しかったですね〜。

 

また冬くらいに
こんな楽しいイベントを
企画しようと思っているので、

 

今回参加できなかった人も
気軽に参加してくださいね!

 

今後、イベントの告知は
LINE@でしますので
興味のある方は、

 

LINE@登録はこちらから
もしくは @yohenito でID検索してください)

 

では今日の本題です。

 

よくクライアントに言われるのが

「地域No.1店になりたい!」

ということ。

 

アナタもそう思ってますよね?

 

そのために
内装や外装にも拘った。
ホームページも拘った。
技術や写真も拘った。

 

けど、地域No.1店になれない・・・

 

むしろ、赤字が続いてる・・・

 

じゃあ、そんな人が
地域No.1になるためには
どうすればイイのか?

 

その最も簡潔な答えは

『良いポジショニング』

をすることです。

 

“良いポジショニング”の条件は

・ライバルがいない
・お客様に需要がある

ポジションを獲得することです。

 

分かりますかね?

 

例えば

“物件の立地(ポジション)”

もそうですよね?

 

ライバル店が少なく
お客様に需要があるエリア
に出店すれば

 

地域No.1店になれる
確率は非常に高い。

 

逆に、渋谷や銀座などの
ライバル店が多く
お客様の需要が満たされてる
エリアの場合

 

地域No.1店になれる
確率は非常に低い
わけです。

 

それはイメージできますよね?

 

ただ、もうすでに
出店されてる方の場合
簡単に移店はできません。

 

では、物件以外で
ポジショニングを意識するべき所は
なんなのか?

 

それは

『ウリ』

です。

 

“ウリ”というと
難しく感じてしまう方も
多いと思うんですが

 

そんな
難しく考えなくてイイ
んですね。

 

あなたの地域で

・ライバル店がいない
・お客様に需要がある
・ウリ(ポジション)を考える

だけなんです。

 

分かりますかね?

 

例えば、営業時間

 

あなたの地域のライバル店が
営業時間が10時〜20時なら

 

朝6時から営業したり
夜22時まで営業したり
深夜帯に営業する。

 

で、それらに需要があるお客様は

・働いている男性
・働いてる女性
・水商売系の方

などになる。

 

そうすると、アナタの店の

時間とターゲット(客層)の
ポジショニングが決まる

わけです。

 

そして、それが
ウリの一つになる。

 

(もちろんアナタやスタッフが
その時間や客層でイイので
あれば、ですが。)

 

他にも

・得意技術や得意メニュー

で同じように考えてみる。

 

ライバル店に
「傷まないゆるふわパーマが得意」
と打ち出してる店はないか?

 

ライバル店に
「原価割れウニ&イクラ贅沢ピザ」
と打ち出してる店はないか?

 

ライバル店に
「目疲れ解消ヘッドマッサージ」
と打ち出してる店はないか?

 

と、アナタの業種に置き換えて
考えてみてください。

 

そう考えていくと

・ターゲット(客層)

が決まっていきます。

 

「傷まないゆるふわパーマが得意」なら
フェミニン系が好きで
傷みが気になる20〜30歳の女性かな

 

「原価割れウニ&イクラ贅沢ピザ」なら
低価格と洒落感を求めるOLさんかな

 

「目疲れ解消ヘッドマッサージ」なら
パソコンを使ってるIT系かな

 

という感じで。

 

そうすると
ウリが作り上がっていくのが
分かりますよね?

 

このように
ウリが作れないと困っている人は

「ポジショニングから考えていく」

ようにしてみてください。

 

実は
多くの人が間違っていて

 

ポジショニングよりも

『ブランディングで勝負』

しようとしてしまっているんですね。

 

ライバル店が多い場所に出店し
技術や写真のクオリティを高める。
ホームページも見栄えだけに拘る。
などなど・・・

 

すでに有名人や有名店であれば
それだけでも集客可能ですが

 

無名な僕らはまず

『ポジショニングで勝負』

することです。

 

しっかりと
良いポジショニングを獲得し
ウリを明確にすること。

 

ブランディングを
考えるのは、その後です。

 

地域No.1になりたい!
集客や求人が上手くいってない!
ウリが作れない!

 

という人は、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

こんなポジショニングを
考えてみたんですが・・・?
という質問も待ってます!

 

質問は、LINE@で受け付けています。

 

LINE@登録はこちらから
もしくは @yohenito でID検索してください)

 

でわ。

 

仁藤

相談

yohe-blog-footer10

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。