<速報!>本を出版しました

こんにちは!

仁藤です。

 

今日は限りなく宣伝の内容です。笑

読みたくない人はちがう記事をご覧ください。笑

 

 

この度、アマゾンにて電子書籍を出版しました!

cover

ここから無料でまえがき読めます

http://amzn.to/1fjW0pl

 

 

電子書籍ですので、本屋さんに買い行かなくても

今スグこの場で読むことができます。

 

現在出版記念キャンペーンということで

500円→99円で読むことができます!

 

 

iPhone・Andoroidなどのスマートフォン、

iPad・Andoroidタブレット・Surfaceなどのタブレット、

PCまたはMacで読むことができます。

 

電子書籍の詳しい閲覧方法はこちら

http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?docId=3077089376

 

〜内容紹介〜

小さな床屋を経営している方必見!

なぜ、たった5席の店に
月1000人を毎月継続して集客できるのか?

なぜ広告費わずか4万円で
月商500万円を必然的に突破することができるのか?

なぜ新規客が月200人来るのに、
何もしなくても6割以上がリピートするのか?

なぜスタッフにたくさん還元して感謝されながら
社長もちゃんと儲かることができるのか?

数多くの店舗で効果実証済みの
【優良顧客大量集客】
の秘密を遂に公開!

詳しくは、下記の「まえがき」をお読みください。

〜まえがき〜

「今日も予約ゼロか・・・」
「諸経費を差し引いたら赤字か・・・」
「いったい何から始めたらいいんだろう・・・」

勤めていた店の店長が突然の退職宣言をし、当時1番古株だった私はいきなり店を任されることになりました。

当時、客数が右肩下がりに減少していたのに加え、元店長が同じ街の中に店を構えたせいで
常連客をほとんど持って行かれてしまっていたため、どん底からのスタートとなりました。

私が店長になった初月は売上がたった105万円しかなく家賃やスタッフの給料、諸経費を支払ったら完全に赤字でした。

もちろん当時の私は経営など未経験です。HIP HOPとバスケが好きなただの理容師です。何か画期的なアイデアがあるわけでも、具体的なプランがあるわけでもなく

「どうしたらいいんだろう・・・」

と毎日悩むものの「まず何から始めればいいかわからない」「そもそも何が原因でうまくいっていないのかがわからない」という絶望的な状態でした。

とはいえ、何もしないままでは改善することはないので、様々な挑戦をしました。

インターネットや本屋さんで情報収集しては、チラシや新聞折込、最新技術の導入、店販の商品数を増やすなど、とにかく手当たり次第に様々な方法を試しました。でも、全てダメでした。

「これで最後。これで絶対に成果を出してやる」

そう誓うものの、結局いつも鳴かず飛ばずの結果になるだけ。資金はそこを着き、スタッフからは「仁藤さんって何やってもダメだよね」と陰口を囁かれるようになりました。当然、店の経営もスタッフとの信頼関係も崩壊。

「30年続いた店を自分が潰すんじゃないか・・・」

という悲壮感でいっぱいになり「いっそ店を放り出して全責任から逃れてしまいたい」そう思うことも多々ありました。

毎日頭に汗をかきながら深夜も必死に勉強しても、何の成果も出せない自分に、心身ともに限界まで疲れ切っていたのです。

・・・

こんにちは。
繁盛店請負人の仁藤洋平です。

私は現在、都内に床屋と美容室を4店舗を展開する会社の代表をしています。

1ヶ月の新規客が12名しかおらず、諸経費を支払うと毎月赤字という状態で店を任された当時は本当にどん底でしたが・・・

今では、1店舗で毎月200人の新規客を集客し、さらにリピート率は60%以上、わずか5席の店で月商500万円を売り上げるまでになりました。

現在では、カットなどの実務面は部下にほとんど任せ、自分は昔からのお得意さんのカットだけして、あまり店に出ずに比較的自由に仕事をしています。
(サボってるわけじゃないですよ。笑)

2015年4月に高円寺に「Chill Chair」という店を出したのですが、その店も初月から新規が255名来店するなど、とても好調なので「今年中にもう1店舗出そうかな」と現実的に計画しているところです。

昔は本当にどうしようもなくて、スタッフと顔をあわせることすら耐えられなかった自分ですが、今ではある程度自分の意思で売上をコントロールできるようになり経済的余裕と精神的余裕ができました。

当時は本当に余裕がなくて、社員教育だったり、スタッフとの関わりの時間を持つことができなかったのですが、今ではしっかりと下の子ひとりひとりを見てあげることができています。

自分自身の背中を見せることで、スタッフが夢を持ってくれたり

「理容師って楽しいんだ!」
「美容師ってもっともっとやれるんだ!」

と目をキラキラさせながら働いている姿を見ると心から暖かい気持ちに満たされます。

今では自分自身のサロン以外にも、他の美容室など同業者の方のコンサルティングや
飲食店やアパレルショップなど他業界のコンサルティングもしています。

もともとは私が、ただやりたいから始めたのですが、私のアドバイスで売上が上がったり、客数が伸びて

「仁藤さんのおかげです!本当にありがとうございます!」

と感謝していただけるのが最高に気持ち良いです。

もちろん、メルマガでこうして色々な情報を配信しているのも、単純に私がやりたいからです。

なぜやりたいのかというと、
一緒に面白い事ができる仲間が欲しい
からです。

私は、価値観の合う仲間と一緒に個性的なお店を出したり、面白い店を出して
人々を「ワッ!」と驚かせたり、ワクワクさせたり、そういうことをしたいのです。

そのために、まずは「あなたのお店も繁盛店になってほしい」という思いがあります。
まずはあなた自身が満足のいく収入を得て、安定を手に入れてから、共に未来へと歩んでいければと思うのです。

そこで今回は、「あなたの店が繁盛店になるための全手法」を公開していきますので
じっくり、ゆっくりと1文字ずつ読み進めていってくださいね。

仁藤洋平の小さな繁盛店の作り方無料メルマガ登録はこちらhttp://yohenito.com/lp/112-2/

仁藤洋平の公式ブログはこちら
http://yohenito.com/

仁藤洋平のFacebookはこちら
https://www.facebook.com/yoheinito?fref=ts

ノウハウ満載のYoutubeはこちらhttps://www.youtube.com/channel/UCPoGR05yZTFiRxPEGSaNz3A

<著者について>
仁藤洋平
1983年11月1日生まれ
埼玉県川口市出身
都内4店舗の理美容室の代表。
<略歴>
理容師になり5年目に月商105万円の赤字店を任され、その後2年間で新規客数を40倍に増やし、月商500万円を達成。月1000名以上が来店する中リピート率は60%を超える。この数字は業界内では圧倒的。その独自手法は再現性が高く、2015年にオープンした「Chill Chair」は初月に新規客255名を集めた。現在では飲食店、アパレルショップ、整体院、音楽教室など異業種・他業界へのコンサルティングにも力を入れており、中にはわずか90日で売上140%増を達成した業種もあるなど実績多数。

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。