店舗系マーケターになれ!自分の店と誰かの店を思い通りに繁盛させる新職業とは?

tenpo-marketer

どうも仁藤です。

最近よく

「店舗系マーケターになろう!」

と発信しまくっているせいか、

「どうしたら店舗系マーケターになれるんですか?」
「私も店舗系マーケターになりたいです!」

という問い合わせを多く頂いています。

さすが私の情報発信を見てる人は、センスがいい。笑

そうなんですよ。

どう考えても、

これからの厳しい時代を小さなお店が勝ち抜くためには、
そして、誰かのお店を勝たせるためには、
『”店舗系マーケター”にならなきゃいけない』

んです。

今までもメルマガやブログ等で、

「店舗系マーケターになるためのノウハウや考え方、視点」

などをたくさん伝えてきましたが、

どうしてもソレだけじゃ細かい部分を伝え切れなかったなーと思います。

なので、今回特別に、

【店舗系マーケターになるために必須なスキル、必須な知識】

について具体的に解説する事を決めました。

月30万円以上のコンサルや、高額の講座を受けてるクライアントのみに伝えている超有料級の情報なので、

【明日の朝6時から期間限定・限定公開】

させて頂きます。

「集客もリピートも単価もアップして、売上を上げたい!」「厳しい時代を勝ち抜きたい!」「店舗系マーケターになって自分のお店もアノ人のお店も繁盛させたい!」って方は、優先公開するメルマガに登録しといてくださいねん。

ってことで本日配信されたばかりのpodcast(音声)

『店舗系マーケターになれ!自分の店と誰かの店を思い通りに繁盛させる新職業とは?』

でも、そこら辺について話しています。

podcastは、こちらからどうぞ。
(毎週金曜日に配信)

iphoneユーザーじゃない方は、YouTubeチャンネルでどうぞ。
(どちらも登録してねん。)

podcastのリスナーから、

「店舗系マーケターとは何なのでしょうか?」

という質問を頂いたので、お答えしています。

やはり興味を持たれている方が多いんですね!
私の伝えたい事が少しでも伝わっているのかなと思うとスゴく嬉しいです!

逆に、もし興味を持たれてない方がいるとしたら・・・

非常にヤバイですよ?笑

だって”店舗系マーケター”にならなければ、

・独自のウリが作れないから、他店と差別化できず競合店に負ける
・マーケティングを使いこなせないから、集客できない
・優良顧客を集められないから、リピートや単価が落ちる
・売上が低迷し、スタッフに還元できず、スタッフの離職を止められない
・スタッフが辞めるから、スタッフが成長しないから、いつまで経っても現場を離れられない
・現場を離れられないから、経営の勉強など、やりたい事をやれない
・勝たせたい良質なお店や友人のお店があるけど、そんな余裕がない

などという事態に陥ってしまうからです。

いや、すでに陥っているかもしれませんね?

なので、何回も何回も言ってますが、

「超市場飽和」「超情報化」「超人口減少」している厳しい時代を勝ち残るためには、
自分のお店も誰かのお店もどんなお店も繁盛させられる力を持つ
“店舗系マーケター”にならなければいけない

のです。

わかりますかね?

もしまだピンっと来てない方は、本日のpodcast

『店舗系マーケターになれ!自分の店と誰かの店を思い通りに繁盛させる新職業とは?』

の中でも詳しく話していますし、

「どうすれば”店舗系マーケター”になれるのか?」についても話していますので、
必ず聴いてくださいね!
( ピンっと来ている方も必ず聴くように。笑)

podcastチャンネルはこちらから。

iphoneユーザーじゃない方は、YouTubeチャンネルでどうぞ。

では。

仁藤

p.s.
明日の朝6時のメールも必ずチェックしてくださいねー!
そのためにもこちらからメルマガ登録をよろしこです。

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。