もう求人で困らない!良い人材の応募を断る余裕があるほどたくさん集める方法

こんにちは、仁藤洋平です。

 

 

今日は

「良いスタッフの求人を集めるには?」

というテーマについてお話しします。


理美容業界は年がら年中
スタッフ不足で悩んでいますが

 

 

僕の店はたくさんの方に
応募していただいて
求人には全く困っていません。

 

 

これはけして、たまたまではなく
こちらからスタッフを選ぶ余裕があるくらい
求人がたくさん来るように
しっかりと仕組みを作っているからです。

 

 

その辺りのコツについて
お伝えしていきますので
ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

それでは、中身に入っていこうと思いますが

 

 

単純に「求人」と言っても
「良い求人」と「悪い求人」
があることをあなたは意識していますか?

 

 

良い求人とは、
あなたのお店で心から働きたくて
バリバリ働いてくれるスタッフが
来てくれることです。

 

 

悪い求人とは
ただお金が欲しいだけで
やる気のないスタッフが来ることです。

 

 

悪い求人でも良いのなら
求人サイトに掲載すれば
いくらでも応募はきます。

 

 

ですが、同じ給料を払うわけですし
これからたくさんの時間を共有するので
どうせなら「良い求人」を集めたいですよね?

 

 

ですから、今回は
「良い求人を集めるには?」
というテーマでお話しします。

 

 

「どんな人でもいいから来てくれ!」
という方はページを閉じていただいて構いません。

 

 

それでは、まず

なぜ求人が集まらないのか?

という原因を話します。

 

 

それは

「知られていない」

ということです。

 

 

あなたのお店がスタッフ募集していることを
誰も気づいていないせいで
応募が来ないのです。

 

 

ですから、やることは
「とにかく認知を広げる」
ということです。

 

 

認知を広げるためには
広告と同じで
チラシなどいろいろな方法がありますが

 

 

私のオススメは
「インターネット」
です。

 

 

ビラやチラシでも良いのですが
求人のために費用をかけてられないという
お店もあると思いますし

 

 

インターネットなら
効率良くたくさんの人に
アプローチできるので
インターネットで良いかと思いますね。

 

 

特に若いスタッフが欲しい方は
インターネットで告知すると
集まりやすいのでオススメです。

 

 

では、具体的にどうしていくのかというと

 

 

ホームページやFacebook、Twitterなど
各媒体で求人募集を発信する

 

ということです。

 

 

「そんなことかよ」
と思うかもしれませんが
これだけで十分スタッフは集まります。

 

 

ただ、その時に
「スタッフ募集しています」
とだけ投稿しても誰も集まりません。

 

 

多少集まるかもしれませんが
「悪い求人」
ばかり集まってしまいます。

 

 

では、どのようにすれば
「良い求人」
が集まるのかというと・・・

 

 

【「ウリ」を打ち出す】

 

ということです。

 

 

あなたのお店の「ウリ」を
全面的に押し出すのです。

 

 

例えば、私の店の場合なら

 

西海岸風バーバー風の
おしゃれな外装であったり

 

刈り上げなどの短髪が得意
という「ウリ」があるので

 

 

・店の外装・内装の写真
・スタイル写真

 

 

をたくさん投稿するようにしています。

 

 

また、応募してくる人が気になることには
「どんな人が働いているのか?」
ということもあるので

 

 

スタッフの写真やプロフィールも
投稿するようにしています。

 

 

呼びたいスタッフ像を想像して
その人が反応しそうな要素を
打ち出すことがポイントですね。

 

 

また、SNSに投稿するときに
最低限入れる要素として

 

・電話番号
・ホームページURL
・他SNSのURL
・一言(「スタッフ募集しています」など)

 

を盛り込むようにしてくださいね。

 

 

基本的なことですが
意外とできていない店舗さんが多いので
忘れないようにしましょう。

 

 

というわけで、まとめると
求人が来ないのは
そもそも知られていないからなので

 

 

そのために
インターネット上で認知を広げる
ということが重要です。

 

 

そして、その際は
店の「ウリ」を打ち出してください。

 

 

SNSに投稿するときは
上に書いた最低限入れるべき要素を
すべて盛り込むようにしましょう。

 

 

とても簡単なことですが
これだけで素晴らしいスタッフがたくさん集まるので
ぜひぜひやってみてくださいね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

仁藤洋平

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。