上手くいかない人ほど「◯◯」を決めたがる。

barber

どうも仁藤です。

 

つい先日、
3月まで運営していたコミュニティ
店舗系マーケター養成講座のメンバーと
食事会をしました。

 

わざわざ食事会のためだけに
東京各地、三重、仙台などからも
駆けつけてくれて嬉しかったな。。。

 

職種も、

・床屋
・美容室
・ワインショップ
・エステサロン

とさまざま。

 

特に大きな結果を出してくれたのが
東京・初台の床屋さん。

 

なんと

【4月の新規客数59人!】

を達成。

 

元々は月10人ほどだったそうなので、
僕の講座に入った事で
“新規客数が6倍”に。

 

また、5月末に独立開業する
立川の美容師さんも、

 

すでに

・5月は予約で満席
・6月も予約でほぼ満席

状態だそうです。

 

OPEN前からその状態は
本当にうらやましい・・・笑

 

今までも
お伝えしてきましたが、

 

店舗系マーケター養成講座では
とんでもない結果を出した人が
続出しました。

 

では、なぜ結果を出せたのか?

 

もちろん僕のノウハウが良かった
という事もあると思いますが、
(スイマセン。笑)

 

なによりも受講生それぞれが、

【際限を決めなかった】

ことが要因だと思っています。

 

僕に相談に来る人の多くは、

 

「仁藤さんの店のように
新規客が月200人も来なくていいけど
月30人くらい増えるようにできませんか・・・?」

 

「うちは1人で営業してるので、
月20人くらい増えればいいんですが、
どうにかなりませんか・・・?」

 

という風に、

 

際限を決めてしまっている。

 

あなたはどうでしょうか?

 

こうなってしまうと、

集客ノウハウを学習・実践する
量とスピードが圧倒的に減ってしまう

んです。

 

そうすると
新規客を月20人増やすことだって
難しくなってしまいます。

 

スポーツだってそうですよね?

 

例えば、
スケボーが上手くなりたい
と思っていたとして・・・

 

「オーリーができるようになればいい」
(スケボーでジャンプする技)

 

くらいだと、
練習量も少なめ。
練習頻度もマチマチ。

 

そんなだと、結局
オーリーすらもままならず状態で、
年月ばかり過ぎて行く・・・
(実際の僕です。笑)

 

それよりも、

「とことん上手くなろう」
「行けるとこまで行こう」

と思っている人のほうが、

 

圧倒的に上達するはずです。

 

あなたもそう思いませんか?

 

結果を出した人が続出した
店舗系マーケター養成講座でも、

 

「際限を決めてはいけません。
200人でも300人でも
集客するつもりで取り組んでください」

 

と、初めに伝えました。

 

だからこそ

・ホームページ対策
・PPC広告
・ブログ対策
・集客サイト対策
・SNS対策・広告

など、

 

お伝えした集客ノウハウすべてを
迅速に、トコトンやってくれました。

 

うちの中野店も、

・月の新規客5人
・5席で月商105万円の大赤字店

だった時は、

 

「何人集客したい」
「月商いくらにしたい」
なんて事は考えませんでした。

 

明確な目標も決めないし、
際限も決めない。

 

とにかく新規客を増やそう
とにかく売上を上げよう
伸ばせるとこまで伸ばそう
行けるとこまで行こう

 

としか思いませんでした。

 

だからこそ、
なんとか資金調達し、
集客ノウハウを学び、
実践しまくりました。

 

その結果、

・月の新規客200人
・5席で月商500万円

という繁盛店にできたのだと思います。

 

逆にそうしなかったら、
いつまでもイマイチの結果が続き、
年月ばかり過ぎてしまったでしょうね。

 

今考えてもゾッとします・・・

 

ぜひ上手く行かずに悩んでいる方は、
際限を決めないようにしましょう。

 

学びに投資し、
実践しまくってください。

 

そうすれば
自ずと結果が出ますので。

 

今まで僕が伝えたノウハウも
ガンガン活用してみてくださいね。

 

もしそれで
新規客が来すぎて困ったら、
チューニングをすればいいだけ。

 

クーポンをやめたり、
値段を高くしたり、
広告を減らせばいいだけですから。

 

でわ。

 

仁藤

相談

yohe-blog-footer10

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。