他店と差別化する「3%ルール」とは?

fe1e9ed5bdd6831f685ccca32b2c12fc

どうも仁藤です。

前回の2本目の新動画は観て頂けましたか?

このシリーズでは、鎌田さんと私が制作したホームページの実績紹介と解説をしています。

あくまで私たちの考え方で制作を行っていますが、このホームページで集客できている店はたくさんあります。

今回の静岡県藤枝市の美容室も、実際に集客に繋がってる店の一例になりますので、
ぜひ参考にしていただけたらと思います。

では下記リンクからチェックしておいてくださいね。

【新動画2】「静岡県藤枝市の美容室ROYAL VOX」のホームページの実績と解説:

ーーーーーーーーーーーーー

凡人クリエーション

ーーーーーーーーーーーーー

では本題です。

今週も金曜日になりましたので、Podcastを配信します。

今日は

世の中の面白い店から学ぶ「カウンターカルチャー」の作り方

です。

“カウンターカルチャー”っていうと難しく感じるかもしれませんが、
簡単に言えば

主流となっている文化の「逆を行く」

だけです。

全然難しいことではないですが、”主流と逆を行く”のは
確かに勇気がいることですよね?

なので、実際にその方法で上手く行っている店舗の事例
Podcastで紹介させていただきました。

あなたの店が「特徴のない店だなぁ」と感じてる方は、
ぜひ下記リンクから聴いてみてくださいね!

【Podcast】「でぶぱん」に学ぶ“時代を創る”カウンターカルチャーの作り方:
(完全無料。YouTubeでも聴けます)

鎌田さんとのホームページ制作もそうなんですが、

「他店との違い」を打ち出す

ということに注力しています。

あなたの店はどうでしょうか?
他店と同じようなウリになってませんか?内外装になってませんか?

SNSなどの発信媒体はどうでしょうか?広告でのコピーはどうでしょうか?
あなたの作品(理美容室ならヘアスタイル、飲食店なら料理)はどうでしょうか?

あなたもこのように細分化して考えてみてください。

正直、9割くらいの店舗が

他店と同一化してしまってる

はずです。

いつも言ってますが、そうなってしまうと
お客様はどこの店に行けばいいのか迷ってしまい、泣く泣くチェーン店に行く
というお互いにとって最悪な事態を招いてしまいます。

そうですよね?

だからこそ

他店と違う店作り

をしなければならないんです。

とはいえ、難しく考えることはありません。

イメージ的には

少しずつズラしていくイメージ

です。

例えば、他店が老若男女をターゲットにしているなら、
あなたの店では「20〜30代のギャルを卒業した女性」をターゲットにする。

そのギャル卒向けの髪質改善だったり、ギャル卒向けの大人カラーやヘアスタイルを打ち出してみる。

そうすると、少しずつズレていき他店と違う店になっていくイメージが湧きませんか?

そうなんです。
私が自分の店でやってることも、クライアントにやってることも、これだけなんです。

いつも言ってますが、発展し尽くしたこの時代に
ゼロから新しいものを発想するのは、私たち凡人には不可能です。

もっと言えば、「中身=内容」は一緒でいいんです。
「外見=見せ方」を変えればいい(ズラして行けばいい)んです。

例に出した、
ギャル卒向けの髪質改善だって、ギャル卒向けの大人カラーやヘアスタイルだって
施術内容は、他のお客様の施術内容と大して変わらないですよね?

だけど、”ギャル卒向け”って「見せ方」を変えてるから、
「他店と違う=新しい店」と感じるわけです。

わかりますよね?

ルイヴィトンのデザイナーに就任したオフホワイトのヴァージルも

オリジナルに”3%”変化を加えるだけ

と自分のクリエーションについて語っていました。

それだけで彼は、”新しさ”を感じさせるし、”売れる”商品を作れるわけです。
(NIKEとのコラボとか、RIMOWAとのコラボとかもそうですよね?)

要するに、クリエーションに大きな変化(違い)は必要ないんです。
ヴァージルが言う”オリジナル3%ルール”のように、少しの変化(違い)でいいんです。

今の時代、「他店と違う店作り」を意識的に取り組んで行くことは必須です。

そのためにも

他店と少しずつズラしていくイメージ

で、”見せ方”を変えて行って欲しいと思います。

今日のPodcastでも、

他店との違いを作る方法

を話していますので、ぜひ下記リンクから聴いてみてくださいね!

【Podcast】「でぶぱん」に学ぶ“時代を創る”カウンターカルチャーの作り方:
(完全無料。YouTubeでも聴けます)

ではまた。

仁藤
yohe-present-banner

相談

yohe-blog-footer10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。