「1本の柱(集客・広告媒体)」だけに頼る事のリスク

barber

どうも仁藤です。

 

つい2日前ほど、
横浜の美容室の訪問コンサルをさせて頂きました。

 

一回1時間で請け負ってるんですが、
結局3時間半話し込んでしまう大盤振る舞い。
まーいつも通りです。笑

 

でもイイんです。

 

そこまで集中的に話し合わないと、
“再構築”する事は、
絶対にできないので。

 

本当に、再構築しないとヤバい店って
多いんですよね。

 

ブログを書いたり
ホームページを作ったりする前に

 

そもそも

「売れる店に再構築する」

ということが重要です。

 

それをしなければ
いくらブログを書いたり
ホームページを作っても意味ないので。

 

では、どうすれば再構築できるのか?

 

そこで重要になるのが

「ウリ」

です。

 

お客様は、あなたのお店の
ウリに惹かれてお店に来るからです。

 

今回のクライアントも、

再構築の基盤となる「ウリ」

の部分が一番の悩みでしたが、

 

よーく私のメルマガやブログを読んで
考えてくれたようで、
あと一歩の状態まで完成していました。

 

なので、まだウリが定まってない方も、
ぜひ今までの私のメルマガやブログを
よく読んで考えてみてくださいね!

 

(あと一歩の状態までは行けるので!笑)

 

じゃあ、”あと一歩”って何なのか?というと、

「見込み客を口説き落とす”ウリの言語化・文章化”」

の部分ですよね。

 

何度も言いますが、
見込み客は素人ですから。
同業者ではないですから。

 

どれだけ素人に分かりやすく、
スッと入ってくる言語・文章にできるか?

 

もしくは、
こんな店はじめて!斬新!面白そう!
と、いかに気にならせる言語・文章にできるか?

 

という所が非常に重要になります。

 

ぜひアナタもその辺りを意識して

「ウリの言語化・文章化」

を取り組んで欲しいなと思います。

 

1つの集客・広告媒体に頼るのはNG

 

あと、今回のクライアントが悩まれていた事が、

・集客サイト(ホットペッパー)の必要性

です。

 

あなたはホットペッパーを使ってますか?

もしくは同じような、
大手集客サイトを使っていますか?
ホットペッパーを使うかどうかは
「条件による」
というのが私の考えです。

例えば今回のクライアントの場合

・集客はホットペッパーだけで
・毎月40万円ほどホットペッパーに支払い
・月40〜50名の集客ができていて
・単価が9000円ほど
・リピート率は60%ほど

 

という事なんですね。

 

この場合アナタなら必要性を感じますか?

 

私は「YES」なんですね。

 

え、あんだけホットペッパーを非難してるくせに・・・
(いや、非難はしてないですよ。笑)

 

と思った方もいると思いますが、
冷静に考えれば分かるはずです。

 

月45名集客×単価9000円=405,000円です。

 

それだけで広告費はペイできていますし、

何より注目してもらいたいのは、
“リピート率”です。

 

ホットペッパーからの新規客のリピート率は15%ほど
と言われる中、

 

「60%のリピート率を誇っている」

 

わけです。

 

これなら、

毎月雪だるま式にお客様が増えている

ことが目に見えて分かります。

 

そうですよね?

 

という事は、

今現在やめる必要は無い

という結論にいたります。

 

とはいえ・・・

このクライアントもその悩みを抱えていたのですが、

 

・ホットペッパー掲載料の尋常じゃない値上がり

 

から見ても、

 

・1本の柱=1つの集客、広告媒体に頼る事はリスクでしか無い

 

のです。

 

だってそうですよね?

 

このクライアントもホットペッパーから

「月の掲載料を40万円→50万円にする」

と言われているそうで、

今後も、もっともっと値上げされる事が予想されます。

 

店舗ビジネス最大の集客ルートである、
検索エンジンを牛耳ってしまったホットペッパーは、
もはや、やりたい放題ですよ。笑

(いやー怖い怖い。笑)

 

だからこそ、

「ホットペッパーのような集客・広告媒体、1つに頼り切る事は危険」

なんです。

 

じゃあどうすればいいか?というと、
答えは、簡単、簡潔。

もう1本、2本と

 

「集客できるルートを増やしておく事」

 

です。

 

ホットペッパー以外にも
やれることって多いんですよね。

 

例えば

 

・ホームページのSEOを上げる
・質の高いブログ記事を量産しコンテンツSEOを狙う
・PPC広告を活用する
・SNS広告を活用する
・各SNSのフォロワーを増す
・無料集客・広告媒体に掲載しまくる

 

などなどやるべき事はたくさんあります。

 

そういった事を試しながら、
集客効果が特に高いモノを見つけ、
1本、2本と、集客の柱となる
集客ルートを増やしておきましょう。

 

そうやって、
集客ルートを増やし、
集客が途切れない状態にしておく事で、

 

いつでもホットペッパーをやめられる
という余裕ができます。

 

現場から離れ、経営側に回れるようになるには、

「集客の柱を増やす事、集客を自動化する事」

といった取り組みが必要不可欠ですので。

 

編集後記:2017年オススメの集客ルート

 

今日のブログはいかがでしたか?

 

私は改めて今後の集客は、

 

・ホームページ×ブログ集客
・PPC集客

 

が再燃すると思っています。

 

正直この集客方法は、昔から使われ、

「競合も増え、SNS集客も出現した事により、完全に古びた」

ところがあります。

 

けど・・・ですよ?

 

新しい小手先手法ばかり追い求めるのでは無く、
こういった混沌とした時代には、

 

「足元を見つめる」=「原点に立ち返る」

 

という事が必要だったりします。

 

そういった足元、原点にこそ
答えが転がっていたりします。

 

で、最近私なりにリサーチしてる感じ、

・ホームページ×ブログ集客
・PPC集客

は、「非常に勝ちやすい」と見定めています。

 

今こそ

・ホームページ×ブログ集客
・PPC集客

ですよ。笑

 

超狙い目です。

 

例えば、
今ホットペッパー掲載料で使ってる金額の半分でも
そっちの費用にかけるだけで、
かなりの集客が望めると思うんですよね・・・

 

ま、そこら辺について
メルマガで詳しく伝授しようと思っていますので、
今のうちにメルマガ登録しておいてくださいね!

 

でわ。

 

仁藤

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。