だるいブログ更新をやめて【最新集客法○○○】を今スグ取り入れよう

ストレイトアウタコンプトン

どうも仁藤です。

 

 

 

みなさん最近どうですか?
最強の”ウリ”を作り、”発信”していますか?

 

 

 

たぶん私がしつこいくらい言ってきてるので、
やり始めた方も多いかと思います。

 

 

 

ただそろそろ出てくるんじゃないかなと。。。

 

 

 

日々のブログとかFACEBOOKで

「発信するのってめんどくさいな」

って人が。笑

 

 

 

そもそも実店舗系ビジネスをやってる人って、
文章書くのとか苦手じゃないですか。笑
私もそうですしね。笑

 

 

 

ブログとかFACEBOOKって
最初のうちあまり反応も得られないので、
だんだんと、モチベーションも下がっていきますよね?

 

 

 

そんな人に”朗報”です。

【動画(YouTube)で発信しましょう】

ってこと。

 

 

 

なんでか?って。

「文章書くより断然ラクだし、すぐ反応が得られるから」

です。

 

 

 

だって実店舗系ビジネスの人は、

「自慢の技術や商品をすでに持ってる」

わけですよ。

 

 

 

その”職人技”である、

・技術風景
・商品説明
・商品作業工程

などをスマートフォンやカメラで撮影すればいいだけ。

 

 

 

しかも、「YouTubeはgoogleと提携してるので”検索エンジンに強い”」ので、

・客観的に、なんてお客様は検索するか?を考え、
・タイトルにそのキーワードを盛り込むだけで、
・検索エンジン1ページ目に上位表示できてしまう

んです。

 

 

 

例えば、うちは床屋なので、
「髪型のことを検索する見込み客が多い」
んですが、

 

 

 

そこで、2015年に流行りに流行った、

「ツーブロック 七三 ベリーショート」
「ツーブロック 七三 ビジネス」

というキーワードを盛り込んだタイトルにし、

 

 

 

その動画をYouTubeにアップする。
(その動画がこちら→https://youtu.be/KuAiaG6M74M)

 

 

 

そうすると、そのキーワードで検索したときに、
「googleの1ページ目にその動画が表示される」
んちゃうんですよ。

 

 

 

それにより、

「月20〜30人集客が増えているので、
「売り上げは月10〜15万円アップ」

しています。

 

 

 

これって実は、とんでもなく凄いことで。

 

 

 

ホームページを業者に頼んでSEO対策をしてもらったら
高額かかるし、
ブログ1記事書いても1ページ目にくることはまずないし、
FACEBOOKの記事を書いたって、googleには反映されることはないので。

 

 

 

これも全ては、
「googleとYouTubeが提携しているからこそ」
なんです。

 

 

 

googleも今後、文章ではなく、
「動画」にドンドン移行すると、発表しています。
(現状:動画コンテンツ1%に満たない状態→数年後:動画コンテンツを50%の状態にすると発表。)

 

 

 

なので、将来的に考えても、
「動画(YouTube)を活用しない手はない」
ってことです。

 

 

 

ま、単純に考えて、雑誌や新聞の文章より、
「ジャパネットたかた」とかのテレビショッピングの方が、購買意欲が湧きますよね?
ついつい買いたくなりますよね?笑

 

 

 

それと一緒です。

 

 

 

ぜひ、私の床屋の動画(https://youtu.be/KuAiaG6M74M)を参考に、
スマートフォンでいいので、あなたの”職人技”を動画で撮ってみてください。
そして、キーワードを意識したタイトルを作り、YouTubeにアップしてみてください。

 

 

 

まずは1本、撮ってアップしてみましょう。

 

 

 

ってことで、
「2016年実店舗ビジネスYouTube元年」
だと私は思っているので、

 

 

 

今後も、
「見込み客を呼び込む、動画(YouTube)の活用方法」
について伝えていきます。V配信をお楽しみに。

 

 

 

では。

仁藤洋平

P.S.
私が作ってる動画チャンネルに登録し、参考にしてください。

「CHILL CHAIR」
https://www.youtube.com/channel/UCvb6c5fPHl9IVpUPJSoYtgA

「DIST Channel」
https://www.youtube.com/channel/UCbQgkWL3bzqb4OaAkAP2l_w/videos

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。